キャラランク

tiermaker.com

こちらのページでランク表の作成ができるので、どのキャラが使いやすいか記録しながらプレイするのも楽しいと思います。

 

自分は8段階で評価してみました(同ランク内は左上ほど強い)。

あくまで個人的な評価で、プレイするたびに変動しているので参考程度に。プレイスタイルによってもかなり違ってくると思います。

 

個人的にはこのゲームは「力こそ正義」を地で行くゲームバランスだと思っているので、概ねストレングスの高いキャラが上位で、非力なキャラは下位になりました。もちろん例外もあり、他の能力で上位に食い込んでいるキャラも多いです。

やり込めばどのキャラでもクリアは十分可能です(憲麿呂だけはかなりキツイ)。

 

 

S 反則的な強さ

ネスター ダルシム


A 終始一方的な展開にできる

モリア パーシバル プレデターハンター エレナ ロバート バレッタ アバカ ハヤト


B かなり楽にプレイできる

舞 テリー ナッシュ プレデターウォリアー ストライダー飛竜 ベビー バーディー 元 エイリアングリーン バイソン(国内版ベガ) ハガー パニッシャー メス マック 京 バルログ(国内版バイソン) ザンギエフ ニック・フューリー エドモンド本田 ジャック シェーファー 豪鬼


C まあまあ強い

キャプテンコマンドー フェイロン カルロス ディージェイ リュウ サガット サイバーブルー モリガン ディカープリ ディーン アドン ティファニー イエローアイリス ジン ベガ(国内版バルログ) ダッドリー キャプテンシルバー フェリシア


D 普通

コーディー ショーン ルシア リン マキ ヤン ジル ピンクオーストリッチ キャミィ ムスタファ ギンズ かりん ダン

 

E やや厳しい

サンダーホーク アレックス ローズ ブランカ ユン ケン いぶき 剛拳 さくら ハンナ ジュリ


F 弱い

クリムゾンヴァイパー 春麗 ガイ ガイル まこと


H 無理

憲麿呂

 



 



キャラ性能メモ一覧

各キャラの性能メモの一覧ページです。

下記リストと各記事タイトルのキャラ名は、ゲーム内のキャラセレクト画面での表記に準拠。五十音順。バイソン・バルログ・ベガなど、海外版で名前が変わっているキャラやフルネームは()内に表記。

現時点ではバージョン3.0のキャラ性能についての内容。4.0が出たら順次更新する予定です。

前提として、難易度MUSOUかHARD MUSOUの1人プレイを元に書いています(ボス2体を相手にした戦い方など)。

 

アクマ(豪鬼)

アドン

アバカ(魏延)

アレックス

イエローアイリス(イエロービースト)

いぶき

エイリアングリーン

エドモンド本田

エレナ

ガイ

ガイル

かりん(神月かりん)

カルロス(カルロス宮本)

キャプテンコマンドー

キャプテンシルバー

キャミィ

京(草薙京)

ギンズ(ニンジャコマンドー翔)

クリムゾンヴァイパー

ケン(ケン・マスターズ)

コーディー

剛拳

サイバーブルー

サガット

さくら(春日野さくら)

ザンギエフ

サンダーホーク

シェーファー(ダッチ・シェーファー)

ジャック(ジャック・テンレック)

ジュリ(ハン・ジュリ)

ショーン(ショーン松田)

ジル(ジル・ヴァレンタイン)

ジン(ジン・サオトメ)

ストライダー飛竜

ダッドリー

ダルシム

ダン(火引弾)

春麗

ディーン

ディージェイ

ディカープリ

ティファニー

テリー(テリー・ボガード)

ナッシュ

ニック・フューリー

ネスター

憲麿呂

パーシバル

バーディー

ハガー(マイク・ハガー)

パニッシャー

ハヤト

バルログ(国内版バイソン)

バレッタ

ハンナ(ハンナ・ダンディー)

ピンクオーストリッチ

フェイロン

フェリシア

ブランカ

プレデターウォリアー

プレデターハンター

ベガ(国内版バルログ)

ベビー(ベビーコマンドーフーバー)

舞(不知火舞)

M・バイソン(国内版ベガ)

マキ(源流斎マキ)

まこと

マック(マミーコマンドージェネティー)

ムスタファ(ムスタファ・カイロ)

メス・オブラドビッチ

モリア

モリガン

ヤン

ユン

リュウ

リン(リン・クロサワ)

ルシア

ローズ

ロバート(ロバート・ガルシア)

 

ロバート(ロバート・ガルシア)

バランス型のステータス配分で、多彩かつ強力な必殺技を持つ強キャラ。

 

・ステータス

ストレングス3 スピード3 スキル4 スタミナ2

 

・通常攻撃は概ね平均的だが、5段なので投げに繋ぐのが微妙に遅い。

・投げた敵の巻き込みにガードブレイクあり。

・メガクラッシュは長めで範囲が微妙か。特に後ろは1回しか攻撃しないため、敵が残りがち。

・必殺技は無敵のある龍牙と、敵を一気に押し込める飛燕旋風脚が使いやすい。龍牙でループコンボをしたり、飛燕旋風脚で敵を左右に散らしながら戦うこともできる。

・幻影脚は動作時間が長く、敵をまとめるのに使える。コンボでハイスコアを狙うならこれ。パリングから出せばより安心。技後に隙があるのでキャンセルは必須。乱戦では動作中に後ろから殴られないよう立ち位置に注意。

・龍牙、連舞脚はガードブレイクあり。

・龍激拳は硬直が短く使いやすい。波動ハメ可。

・無敵技を組み込んだ安定度の高いループコンボあり。コンボの自由度が非常に高いので、どこからでも繋げられる。一度浮かせると死ぬまでお手玉モード。容易く一方的な展開にできるので、ストレングス3でも時間当たりで出せるダメージ量は高い。

・アルティメットムーブも乱舞技と飛び道具で文句なしに強い。どちらも使い勝手が良い。

 

・まとめ

SNK勢共通の特徴として、必殺技の種類が豊富で、できることが多い。無敵対空、飛び道具、連撃突進、移動、ロックコンボ、あらゆる種類の技を持つ技のデパート。それらの必殺技をスキル4でガンガン使っていけるのが強み。使えば使うほど強さを引き出せるポテンシャルの高さがある。

スタミナは低めだが、体力が25%以下になるとアルティメットムーブがMAX版になり、威力が倍増するため、ピンチからでも逆転できる。特にMAX版竜虎乱舞は持続時間・威力共に全アルティメットムーブ中最高クラスで、反則的な強さ。

ローズ

攻撃や移動のスピードが早く、小回りの利くキャラだが、いくつか痛い欠点があり、得手不得手が極端。

 

・ステータス

ストレングス3 スピード3 スキル4 スタミナ2

 

・通常攻撃のリーチは平均ぐらいで、連打速度が早い。

・投げは飛距離長めで、巻き込みにガードブレイクがある。素早い通常攻撃からの投げを多用した立ち回りがしやすい。

・メガクラッシュはソウルリフレクトと同じく、敵の飛び道具を跳ね返す。ただ、範囲が狭く、動作も遅いので、敵を散らす性能はかなり低い。連続で使ってもろくに態勢を立て直せないことが多く、特にマブカプステージのボスのリバサハメからはほとんど脱出できずに詰む。

・必殺技はソウルスパークとソウルスパイラルが主軸。というか、他の技は使う場面が限定的でほとんどコンボに組み込めない上、ガードブレイクありの打撃技が1つもないという欠点がある。スパークとスパイラルは優秀なのだが、これだけでいけるのかというと物足りない。特にソウルスパイラルからキャンセルで繋げられる良い技がないのが残念。

・波動ハメ可。

・ソウルリフレクトは飛び道具を跳ね返せるが、マナを消費して跳ね返すぐらいならパリングした方が良いのでほぼ使わない。一応、サノスの惑星やレッドアリーマーの小さい火球を跳ね返せて、面白い使い方はありそうなのだが、タイミングがシビアでリスクに見合わない。反射を狙うなら同じ効果のあるメガクラッシュを使った方が安全。サノスの惑星は跳ね返してクリーンヒットさせると体力が異常な減り方をする。ボスがどれだけふざけた威力の技を使っているのかがよく分かる。

・アルティメットムーブは画面外まで貫通する飛び道具のオーラソウルスパークが強力。雑魚戦では敵を一掃できるのだが、ボスに使うと重なった敵がバラバラの方向にダウンすることが多く、コンボ継続がしづらい。オーラソウルスルーはフィニッシュで1体だけ後ろに投げてしまう。自ら前後を挟まれて窮地に陥る自滅技。

 

・まとめ

立ち回り能力はかなり高く、雑魚戦は数が増えてもわりとこなせる方。反面、ボス戦が苦手で、まともな無敵技がなく、攻撃を切り返したり、敵を待ち受けることができないのが辛い。

ガードブレイクの打撃技がない点も問題で、豪鬼やスライサウルスのような、出会い頭で即ダウンさせないと反撃を貰うタイプのボスにはろくに打つ手がない。

さらに、集団に対するコンボ力も高いとは言えず、こぼれた敵から反撃されたり、集団を散らかしてしまったりしがち。そのため、オーラソウルスパークに頼る場面が増えるのだが、マナ回復も3と並みでしかないので、乱発はできない。動かしやすくて最初は強く思えるキャラなのに、使い込むほどに問題点が目立ってきてしまう。

ルシア

必殺技の強さで押していくスキル&スピードタイプ。

 

・ステータス

ストレングス2 スピード4 スキル5 スタミナ1


・前投げは飛距離が長く優秀。後ろ投げはあまり飛ばない。しかし自キャラに重なっている敵も巻き込めて、ガードブレイクもあり。

・メガクラッシュが空中タイプで短い。囲まれたり飛び道具の嵐に巻き込まれると、敵を全然散らせないまま嬲り殺しにされる。低体力が痛い。

・必殺技はなかなか使いやすいものが揃っていて、スキル5なのでマナが枯渇しづらい。ストレングス2だが、そこまで火力の低さは気にならない。

ライジングキックはガードブレイクあり。

・キックエルボーコンボで敵をまとめてから突進技で突っ込むのが基本。ボス戦ではこの技だけを繰り返せばコンボダメージがかなり稼げる。

・トルネードキックは前進距離が長すぎて隙間もあるので普通に使うと潰されやすいが、パリングから出せば前方の敵を一気にまとめられる。敵を運ぶのに使うのもあり。

・アルティメットムーブは2つともかなり優秀。特にポリススティックメガコンボは持続時間・範囲共に強力で、敵をまとめる性能が非常に高い。技後はフレイムキックで拾えばコンボ継続可。ファイアオーラは85ダメージと高火力で、敵をまとめた後ならこれで一掃できる。

 

・まとめ

動きが軽快でスキル回復も早いので、マナを惜しむ必要なくガンガン攻められる。春麗などと似たステータス配分だが、最低限の火力はあり、必殺技も使いやすいおかげで、攻めあぐねることもない。しかし代償としてスタミナ1なので死ぬときはすぐ死ぬ。

リン(リン・クロサワ)

スピード・スキル特化の忍者スタイルで戦うキャラ。空中での機動力が特に高い。

 

・ステータス
ストレングス1 スピード4 スキル5 スタミナ2

 

・通常攻撃はリーチが平均かやや短めで、連打は早い方。

・メガクラッシュは範囲が狭く、短すぎて連続で使わなければなかなか敵を散らせない。全キャラ中でもほぼ最低レベルの性能。リーチの長いマヴカプステージのボスなどを相手にすると、いくら使っても範囲外から一方的に殴られまくる。

・壁蹴り可。

・必殺技はほとんどのものが空中で出せるという独特の仕様。主にスピニングカタナコンボを使っていくことになるが、前進距離が長いせいでコンボ火力がろくに出せず、これだけではタイムアップとの戦いになることも。一応、後方にも攻撃判定があり、巻き込み性能は高いのだが、そのせいで変な当たり方をした敵が後方にこぼれてしまうことがあり、挟み撃ちの原因になったりする。また、最後の突きにはガードブレイクがある。

・虎影脚からのキャンセルでも出せるK.S.C.Oは敵に当たると跳ね上がってしまい、使い勝手が悪い。キャンセルで繋ぐなら拳銃が一番良い。

・虎影脚はガードブレイクあり。

・K.S.C.Oは空中で隼落投と交互に繰り返せば地上に降りずに延々ヒットさせられるが、キャラの位置によってコマンド入力のタイミングを調整する必要があり、狙った敵に当てるのが難しく、いまいち安定しない。マナ消費量に対して威力もあまり出ず、1体にしか使えないので、やるとしてもボス用。

・波動ハメ可。連打の隙間がほとんどなく、僅かな隙間でも割り込んでくるロックマンですらハメ殺せる。

・アルティメットムーブはリーチの長い尿検査双剄破が非常に使いやすい。威力は70ダメージと低いものの、発生が早く、投げで敵を集団にぶつけたところに突き刺すと一気に殲滅できて気持ちいい。当たりさえすればフルダメージが出て、カス当たりがないのも利点。飛び道具扱いではないので、ナイフも一緒に落とせる。ただし、動作時間があまり長くないので、敵をまとめてから使わないと集団に対して機能しづらい。コマンド表には書かれていないが、ローリングカッターは空中でも出せる。虎影脚でガードを崩した後などに繋げたりできる。

 

・まとめ

色々と空中でできることはあれども、火力が深刻に足りない。長期戦必至でスタミナ2、しかもメガクラッシュの立て直しにも難ありという部分がハンデになってくる。立ち回り性能は高い方なので、マキと同じく、あれこれやるより、機動力の高さを盾に逃げ回って双剄破をぶっ放すだけにした方が強いかもしれない。その戦い方なら、スキル5が物を言ってそこそこ強さを発揮できる。

リュウ

オール3のバランス型で技もスタンダード・・・と思いきや、ゲーム性の違うファイナルファイトでは案外癖のある性能。

 

・ステータス
ストレングス3 スピード3 スキル3 スタミナ3

 

・通常攻撃のリーチが短く、5段ヒットで、やや隙間がある。動作が遅くて使いづらい。

・投げは平均的だが、通常攻撃4段からでないと繋げられないので、その遅さが後々響いてくる。

・メガクラッシュが空中タイプで短く範囲も狭い。囲まれたり飛び道具の嵐に巻き込まれると、敵を全然散らせないまま嬲り殺しにされる。

・昇竜はもちろん無敵あり。ガードブレイクもあり。十分優秀で主力として頼れる性能だが、ケンに比べると範囲でやや劣るか。

・竜巻にもガードブレイクあり。後方にも攻撃判定があり、後ろから迫ってきた敵を巻き込める。ケンと違って単発で敵を浮かせられるので、対集団でヒットするタイミングがずれても追撃でまとめやすい。突進技としては速度がやや遅く、中距離から突っ込むと潰されることも。リーチの長い敵や銃を持った敵がいるステージでは不用意に使うと良い的にされるので、パリングから出したり、いつでも昇竜でキャンセルできるよう気を付けて使いたい。

波動拳はランダムで灼熱が出る。灼熱はダウンありで硬直も短いが、ランダムは正直使いにくい。波動ハメも灼熱が出た時点で終了。また、手元ヒットさせると威力が15から20に上がる。竜巻の隙を突かれやすい場面では、波動を突進技代わりに使って細かく動くのも手。

・蹴込みは使いどころを見極めれば便利だが、コマンドが出しにくい上、ただでさえマナ不足なのにこれに割く余裕があるかというと微妙。通常攻撃からキャンセルで出すと発生が遅すぎて後ろに回られるし、投げキャラでないリュウが直に掴みに行くのはリスクが大きい。押し込み性能自体は高く、普通のコマンド投げだったらと思うと惜しい技。

・アルティメットムーブは2つとも文句なしの優秀さ。1ライン貫通の真空波動拳と、待ちに最適で90ダメージと高火力な真空竜巻旋風脚。理想的なラインナップ。波動は普通に当てても78ダメージと十分な威力だが、手元の少し先ぐらいで当てると1ヒット増えて91ダメージになる。余裕があれば狙っていきたい。なお、通常はほとんど気にならないが、波動のヒット数には上限があり、ベルガーステージの冒頭のように敵が大量に密集しているところに撃つと途中で消えてしまう。

 

・まとめ

通常攻撃と投げ性能はケンの方が上。アルティメットムーブの性能差を考慮すれば、総合的にはリュウの方が上。リュウは必殺技が全て単発ヒットなせいで短く、何も考えずに昇竜と竜巻を乱発しているとマナ回復が追い付かない。自分から攻めに行くのではなく、パリングを取ってからカウンターする方が向いているため、使いこなすには慣れが必要。

ユン

中国拳法を使う双子の片割れ。原作では強キャラであることが多かったが、こちらでは微妙なキャラに仕上がっている。

 

・ステータス
ストレングス2 スピード4 スキル4 スタミナ2


・通常攻撃は平均的なリーチで、連打は早め。

・スピード4で投げがそこそこ飛距離があるので敵をまとめやすいのだが、前投げをした後、後ろを向いてしまうので隙ができる。モーションも少し長い。

・メガクラッシュは範囲の割にやや長めで微妙。

・必殺技はヤンに比べると、ループコンボがない(一応あるが、使える状況がほぼない)点と、性能で劣る。

鉄山靠はガードブレイクありで一番使いやすい。というか、ヒット数が少ない技しかないので、ガードする敵が混ざっていると鉄山靠に頼らないと反撃を貰いまくる。一応、長押しで間合いの調整はできるものの、敵の奥まで刺さらず、これだけで戦えるほど強い技ではない。

鉄山靠の方にガードブレイクが付いているためか、二翔脚は対空技なのにガードブレイクがない。もちろん無敵もない。それでも範囲・持続時間はそこそこあるので、パリングを取ってから使えば敵を巻き込みやすい。なお、設定ミスだと思われるが、マナ消費が0で使い放題という面白いことになっている。といっても、空中に飛び上がる技なので、タダだからといって乱発はできない。豪鬼戦やボスラッシュなどはこれを繰り返し当てていけばマナに困ることがなく非常に楽。キャンセルで繋げられる雷撃蹴も癖がなく、カバー技としては優秀。

・絶招歩法は一気に敵を押し込めるのはいいが、突っ込みすぎなのでガードされると反撃を貰う。鉄山靠と組み合わせて、左右に敵を蹴散らしていく戦い方をしたり、コンボの締めには使える。少し空中に浮いているため、雷撃蹴に繋げることも可能。

・前方転身は位置を入れ替えるのに使えるのだが、間合いが密着でしか当たらないほど短い上、通常攻撃やダッシュ攻撃では追撃ができない場合が多い。しかも単発で出すと技後が隙だらけなので、必殺技でキャンセルしないと使いづらい。また、動作自体には攻撃判定があるものの、蹴り飛ばした敵には判定がない点に注意。

・アルティメットムーブはどちらも頼りにならない性能。槍雷連撃は移動距離は長いが敵がこぼれやすく、カス当たりになることが多い。しかもフルヒットしても65ダメージしか出ないという残念さ。揚炮は射程・持続時間共に短い初撃が当たらないと不発に終わる。使うなら敵をまとめてからコンボに組み込むのが無難。

 

・まとめ

後半になってくると、無敵なしの二翔脚で飛び上がって雷撃蹴で降りてくるぐらいしかやることがない。あからさまに弱いわけではないが、必殺技がどれも一長一短でこれといった強みがないのに、ちらほら目に付く微妙な部分が積もり積もって被ダメージに繋がってしまいがち。

ヤン

中国拳法を使う双子の片割れ。

 

・ステータス

ストレングス2 スピード4 スキル4 スタミナ2


・通常攻撃は平均的なリーチで、連打は早め。

・スピード4で投げがそこそこ飛距離があるので敵をまとめやすいのだが、前投げをした後、後ろを向いてしまうので隙ができる。モーションも少し長い。

・メガクラッシュは範囲の割にやや長めで微妙。

・穿弓腿はガードブレイクあり。

・白虎双掌打は自分は動かずに敵を吹っ飛ばせる。コンボは繋げにくいが、邪魔な敵と距離を取りたいときなどに便利。

・ループコンボ可。巻き込み範囲がそこそこで、スキル4なので雑魚の掃除からボスのハメまで幅広く使える。

・アルティメットムーブは雷震魔破拳は発動さえできれば範囲がなかなか優秀。ただし射程の短い初撃が当たらないと不発になる。転身穿弓腿は雷撃蹴で追撃してコンボ継続できる。

 

・まとめ

スピードが早く、スキル4でマナが枯渇しづらい。基本的な性能はユンと同じだが、技にかなり差がある。移動技があるのとアルティメットムーブの性能差は大きく、ヤンの方が明らかに強い。

モリガン

必殺技が全体的に優秀で動かしやすいキャラ。立ち回り能力の高さで押していくタイプ。

 

・ステータス
ストレングス1 スピード4 スキル4 スタミナ3


・通常攻撃はリーチが長めで投げ、メガクラッシュ共に優秀。

・ソウルフィストは10ダメージと飛び道具では最低クラスの威力だが、癖がなく端まで届くので使いやすい。波動ハメ可。

・二段ジャンプも壁蹴りも使えないが、後ろ向きの空中ソウルフィスト連発で電話ボックスの上の弥七を取れる。

・空中ソウルフィストはシャドーブレイドからのキャンセルだと1発しか出せないが、ジャンプしてからだと連発可能。壁際に追い込んだ敵に連射したり、滞空時間を稼いで攻撃をかわしたりできる。

・安定性の高いループコンボが強力。スキル4で継続力もある。状況に応じて技を切り替えていける。

・シャドーブレイドはガードブレイクあり。

・空中投げはなぜかキャンセルで出すことができず、使い道がほぼない死に技。

・アルティメットムーブも2つとも優秀。メガソウルフィストは画面外まで貫通する飛び道具。バットオージーは敵をまとめる用の乱舞技。ループコンボに繋げて一気に片付けられる。

・ステージ開始時に変身動作があり、始動が僅かに遅れる。そのせいでコールマン戦などではすぐに逃げないといきなり後ろから攻撃される。

 

・まとめ

欠点は火力の低さだが、自分に有利な状況を作りやすく、一方的な攻めを継続できるため、低火力キャラの中では強い方。敵が少なければ波動ハメを使って比較的早く倒せるのも良い。

いかにも打たれ弱そうな見た目に反してスタミナは3。事故死もそこまで多くなく、安定した強さを発揮できる。